Sensounico

×

Sensounico

慈雨
じう
- modern elegance -

一枚の布を創造
自然な着心地感を追求し、考え抜かれたシルエットと
オリジナル素材の融合が生む、完成度の高いコーディネートを表現。
一片の布は存在のかけらであり、一本の糸、一つのアイディア、そして一つの夢からできている。
時代を超越して変わらない普遍的な魅力、人と人の心の重なり、物自体の後側にあるストーリー。
気が付いたときに残っている深い部分での記憶・・・
デザイナー / Keiko Takahashi 某会社のライセンスブランドにて伝統の重みと服の原点のノウハウを学ぶ。渡英後、企画事務所を設立し起動。1998年マツオインターナショナル㈱にて慈雨ブランド発表。日本の匠に拘り、風に揺らぎ、自由と無邪気さ、意相外の組み合わせなど、モダン×エレガントで独創的な世界観を演出。2010年Pari Who’s Next展にて「ここにしかないもの」を発表。同展示会を毎年、年2回の出展を継続中。2015年NY Atelier展にて「無二無三」を発表。

AUTUMN &WINTER 2022 THEME

山紫水明 -さんしすいめい-
山は陽に照らされ紫色に映え
流れる川の水は澄んで清らかに光を放ち
心安らぎ響き残るさま。
このテーマを3つのストーリーで展開。
・1枚の布と糸が描く慈雨の心地良いストーリー 。
・慈雨のモノトーン、モダンテイストを残しながらのカジュアルライン。
・コート、セーターが活躍する季節に慈雨ならではの遊び心。